ACURA「NSX GT3 EVO」発表;NSXレース仕様が超カッコイイ!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link

 

 

Hondaは、レース専用車両「NSX GT3」をベースに、さらなる性能向上を図った「NSX GT3 EVO」を、2019年シーズンより投入いたします。

フラッグシップスポーツカー「NSX」をベースに、FIA-GT3規格に準じ設計された「NSX GT3」は、2017年1月にNSXの生産拠点がある北米でレースデビュー、2018年からは北米に加えて日本・欧州・アジアのカスタマーを中心にレースで活躍して参りました。
Hondaは、これらの実戦を通じ、全世界のカスタマーチームにさらなるパフォーマンスと信頼性をお届けするべく、NSX GT3 EVOでは、以下の改良を行います。

新設計のフロントスプリッター、リア・ディフューザー、リアバンパーの採用によりドラッグを低減。
同時に、前後の空力バランスの最適化により、ブレーキング時の安定性を高めドライバビリティーを向上。
冷却システムのエア流れ改善により冷却効率を向上。

さらに、2019年モデルには、最新のBosch製アンチロックブレーキシステムを採用。また、高次元のドライビング環境を提供するために、ディスプレイとデータロガーをアップグレードします。これらのアップデートアイテムは、既存のNSX GT3にも使用していただけるように準備を進めています。

好評をいただいているエンジンについては、新しいターボチャージャーを採用しスロットルレスポンスと燃費性能を向上します。新ターボチャージャーは、リプレイス用パーツとして、既存のすべてのNSX GT3にも順次、導入を予定しています。

今回のアップデートは、過去2年間にわたりグローバルに展開しているNSX GT3カスタマー・レーシング・プログラムでのテスト、レース活動を通して収集されたデータの解析によって実現しました。

sponsored link

sponsored link