アストンマーチン「新型AM-RB 001 2018」公式デザイン画像集

Aston Martin AM-RB 001 (2018)1

sponsored link


Aston Martin AM-RB 001 (2018)2 Aston Martin AM-RB 001 (2018)3

sponsored link


Aston Martin AM-RB 001 (2018)5 Aston Martin AM-RB 001 (2018)6

sponsored link


Aston Martin AM-RB 001 (2018)7 Aston Martin AM-RB 001 (2018)4

sponsored link


 

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンとレッドブルレーシングが7月5日に発表した次世代ハイパーカー、『AM-RB 001』。同車の大きな特徴が、ロードカーの常識を打ち破るエアロダイナミクス性能だろう。
AM-RB 001は、軽量なカーボンファイバー構造のボディを持つ。アストンマーティンによると、
真に革新的なエアロダイナミクスにより、公道走行可能な車としては、前例のないレベルのダウンフォースを発生するという。
このダウンフォースは、レッドブルレーシングのチーフ・テクニカル・オフィサーであり、世界で最も成功したF1マシン・デザイナー、エイドリアン・ニューウェイの天才的な設計によるもの。アンダーフロアのエアロダイナミクスによって生み出される。
さらに、アストンマーティンのマレク・ライヒマン上級副社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーは、このアンダーフロアを基盤として、最先端のダイナミクスとアストンマーティンならではのエッセンスをエレガントに融合。
純粋かつ思わず息を飲むようなダイナミックなフォルムを製作した。
アストンマーティンは、「我々とレッドブルレーシングのユニークかつ革新的パートナーシップにより、野心的で一切の妥協を排したコラボレーションが実現。世界を主導する両ブランドのビジョンとスキルを結集させて、これまでに見たこともないようなロードカーが製作された」とコメントしている。(response)

 

 

You may also like...


sponsored link