Aston Martin「DB11 Volante」が超カッコいい;公式デザイン画像集!


DB11 V8のオープンモデルが正式にデビュー!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








sponsored link


sponsored link


 

アストンマーティンは、2+2クーペのDB11に続いて、そのオープンモデルとなる「DB11ヴォランテ」を発表した。中でも印象的なのは、昨今流行りのメタルトップではなく、ファブリック製のソフトトップを採用していること。オープン時は開放感に溢れるのは言うまでもないが、ルーフを閉じている状態でも“粋で洒落た”印象を与えるために敢えてソフトトップを採用している。

このファブリックトップは、吸音性や遮音性に配慮して新たに8層構造を開発し、採用しているのも特徴だ。しかも、ライフサイクル・デュアラビリティ(LCD)テストでは、特別な天候実験室において、10万回以上にも渡って開閉させる耐久試験まで実施したという。これは、世界でも厳しい天候条件をシミュレートするために開発された実験設備で、現実世界で10年分に相当する経年変化を1ヶ月に短縮して再現することができるという施設。その結果、DB11ヴォランテのプロトタイプを使用して、デスバレーや北極圏などでテストしたところ、高い性能と信頼性を立証できたという。

トップのカラーは、ボルドーレッド、ブラックシルバー、グレーシルバーの3色から選択可能。開閉時に要する時間はクローズドからオープンは14秒、閉じる際は16秒ほどで完了し、50km/h以下であれば走行中でも操作できる。ちなみに、実質前作となるDB9ヴォランテと比較した場合、ソフトトップ自体のコンパクト化に成功していることからトランク容量は20%拡大。また、接着を多用したDB11の構造上のメリットを活かして、DB9 ヴォランテ比で26kgほどの重量削減を実現しながらもボディ剛性は5%高めることにも成功しているという。

そのほか、年間を通じてオープンエアモータリングを楽しめるようステアリングヒーターを装備するほか、リヤシートにはISOFIXのアタッチメントポイントも設置されるなど、使い勝手の幅を広げている。

ラインアップは、今のところV8モデル(メルセデスAMG製V8ツインターボを搭載)のみ。 車両価格は、英国で15万9900ポンド、ドイツは19万9000ユーロ、米国では21万6495ドルと発表されてはいるものの、日本に関しては未定。納車は、2018年の第一四半期からを予定している。

https://motor-fan.jp/article/10001349

sponsored link



sponsored link