アストンマーチン「新型ヴァンキッシュ ザガード」に”スピードスター”限定発売!既に完売…

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

英アストンマーティン、「ヴァンキッシュ ザガート」にシューティングブレークとスピードスター追加
シューティングブレークは99台限定、スピードスターは28台限定

英アストンマーティンは8月15日(現地時間)、「ヴァンキッシュ ザガート」にシューティングブレークとスピードスターを追加することを発表した。シューティングブレークは99台、スピードスターは28台の限定モデルになるが、スピードスターはすでに完売とのこと。

ヴァンキッシュ ザガートはこれまでクーペとヴォランテを設定していたが、新たに2シーターのシューティングブレークとスピードスターをラインアップに追加することが決定。

「きわめて実用的なGTとして設計された」というシューティングブレークは他のヴァンキッシュ ザガートシリーズよりも長いルーフを備え、ザガートモデルならではの「ダブル・バブル」デザインを採用。そのほかヘリンボーン柄のカーボンファイバー製フェイシアパネル、ブロンズアルマイト処理されたロータリー・コントロール、各所に設置された「Z」モチーフのキルティング、オプション設定されるフル・アニリンレザー仕様などを特徴とする。

一方のスピードスターはルーフレス・デザインとし、ダブル・バブルルーフを表現したという「スピードハンプ」と呼ばれる流線形のカウルを採用。カーボンファイバー製のボディパネル、「Vulcan(ヴァルカン)」からヒントを得た「ブレード」テールランプ、フロントグリルとリアのベントメッシュに採用される3Dの「Z」モチーフなどは、他のヴァンキッシュ ザガートシリーズと共通のデザインになっている。

sponsored link



sponsored link