アウディ「新型 e-tron Sportback Concept 2017」公式デザイン画像集

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




 

eモビリティ専用のアーキテクチャーを採用: Audi e-tron Sportback conceptを上海モーターショーで発表

  • 生産開始は2019年から:アウディでは2車種目となる電気自動車
  • エモーショナルでパワフル:アウディならではのクーペデザイン
  • 光による新機能:ライトを使って周囲とコミュニケート

2017年4月18日、インゴルシュタット/上海:アウディは、上海モーターショーにおいて、多様な性格を備えた電気自動車のコンセプトカー、Audi e-tron Sportback conceptを発表します。このデザインスタディモデルは、クーペのスタイルをまとい、320kWの電気駆動システムなど高度なテクノロジーを搭載した4ドアのグランツーリスモです。この正統派GTモデルは、アウディの伝統的な特徴に、電気駆動テクノロジーと専用に開発されたアーキテクチャーによる、数多くの先進的なディテールを
組み合わせています。

Audi e-tron Sportback conceptは、eモビリティ実現に向けた重要な節目となるモデルです。AUDI AG取締役会会長のルパート シュタートラーは、次のように述べています。「日常ユースに対応したアウディの初めての電気自動車となるAudi e-tron*の生産は、2018年から開始される予定です。この分野では、非常に激しい競争が繰り広げられています。我々は、500kmを超える航続距離と電気自動車ならではのドライブ体験を提供するこのスポーティなSUVを、2020年代におけるアウディの主力製品にするつもりです。Audi e-tronに続き、2019年には、Audi e-tron Sportback conceptの生産バージョンを市場に投入する予定です。このクルマは、ひと目見ただけで電気自動車と認識できるエモーショナルなクーペです。」
*Audi e-tron quattroより呼称を変更。

意識的に明るい色でまとめられたAudi e-tron Sportback conceptの室内は、明快な機能と、ボタンやスイッチ類を最小化した操作系を基本原則として設計されています。ドライバーと乗員は、中央のディスプレイの下、センターコンソールの上、そしてドアトリムにも設けられた広い面積を持ったタッチスクリーンを介して情報を受け取ったり、車載の各システムを操作したりすることができます。ダッシュボードの水平面と、宙に浮いているように見えるセンターコンソールによって、4座の独立シートを備えた室内は、非常に広々とした印象を与えます。

sponsored link



sponsored link