アウディ「新型R8 V10 plus 2016」デザイン画像集

Audi R8 V10 plus 2016 01

sponsored link


sponsored link


Audi R8 V10 plus 2016 02 Audi R8 V10 plus 2016 03

sponsored link


Audi R8 V10 plus 2016 04 Audi R8 V10 plus 2016 05

sponsored link


Audi R8 V10 plus 2016 06 Audi R8 V10 plus 2016 07

Audi R8 V10 plus 2016 08

 

アウディのスーパーカーとして、2006年に誕生した『R8』。ドイツのアウディ本社は7月25日、同車にデビュー以来初となる大幅改良モデルを発表した。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類。

外観では、フロントに新デザインのバンパーやLEDヘッドライトを採用。リアはLEDテールライトや新デザインのディフューザーが新しい。その一方、インテリアの変更点は、トリムの改良など最小限にとどまる。ミッドシップに搭載される直噴ガソリン自然吸気エンジンは、従来通り、4.2リットルV8と、5.2リットルV10。最大出力は、V8が430ps/7900rpm、V10が525psと変わらない。変更を受けたのは、トランスミッション。従来の6速「Rトロニック」を、7速デュアルクラッチの「Sトロニック」に置き換えた。

これにより、CO2排出量を最大で22g/km削減。0‐100km/h加速も0.03秒短縮している。改良を受けたR8のハイライトといえそうなのが、新グレードの「R8 V10プラス」。シリーズの最高峰に位置付けられるクーペモデルだ。5.2リットルV10エンジンは、最大出力を25ps引き上げて550ps、最大トルクは1kgm引き上げて55.1kgmを獲得。0‐100km/h加速は3.5秒(6速MTは3.8秒)、最高速は317km/h(6速MTは319km/h)と、世界屈指のパフォーマンスを実現している。(response)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です