メルセデス・ベンツ「新型CLA 2014」デザイン画像集

Mercedes-Benz CLA-Class 2014 06

sponsored link


Mercedes-Benz CLA-Class 2014 08Mercedes-Benz CLA-Class 2014 09

sponsored link


Mercedes-Benz CLA-Class 2014 10Mercedes-Benz CLA-Class 2014 11Mercedes-Benz CLA-Class 2014 07

sponsored link


Mercedes-Benz CLA-Class 2014 01Mercedes-Benz CLA-Class 2014 02Mercedes-Benz CLA-Class 2014 03

sponsored link


Mercedes-Benz CLA-Class 2014 04Mercedes-Benz CLA-Class 2014 05

Mercedes-Benz CLA-Class 2014 12Mercedes-Benz CLA-Class 2014 13Mercedes-Benz CLA-Class 2014 14Mercedes-Benz CLA-Class 2014 15

【メルセデスベンツ CLA 発売】上野社長「販売数増加の強みは、好景気に合わせた新型車投入」
7月24日、メルセデス・ベンツ日本は都内で新型4ドアクーペ『CLAクラス』の発表会を行った。
同社は、今年上半期に全世界で69万4433台の販売数を達成し、半期の記録を更新している。日本国内では約2万4000台で、前年比24%増となった。
上野金太郎代表取締役社長は「2013年はEクラス、Aクラスと良いタイミングで新型車の投入ができている。国内の景気回復を受けて秋口から年末に買い替え需要も高まると予想されるが、そのタイミングでこのCLAクラスを含め、実用的なラインナップを複数持っていることは強みになる」と述べた。
販売台数の増加に対しては、「新車整備工場が一つしかないので、今後はそれを補填する施設を検討しなければならない。また、社内では”メルセデス=愛されるブランドであること”を徹底している。安全性・アフターサービスの充実や、メルセデスベンツ・コネクションのようなお客様との接点を持つ場の設置を検討し、更なる向上を図りたい」とした。
また業績好調に応じた雇用増加や販売現場の改変について、「現在と同じ人数で5万台を販売した時期もあるので、すぐに雇用を増やすのではなくITやネットワークの強化によって対応したい。一方、実店舗におけるセールスマン効率は、以前から欧米に比べて低いと指摘されている部分でもあるので、改善していく必要がある。いわゆるセールスマンだけでなくアドバイザー等、どのような人材を配置するかについても検討しなければならないと考えている」と語った。
多数のバックオーダーを抱えている『Aクラス』については、「おかげさまで販売は好調に推移している。バックオーダーは徐々に解消できており、多少の販売増減はあるだろうが(2013年4月の)消費税率改定までには受注残は消化できると考えている。お待ちいただいているお客様には、販売店からこまめに連絡を取らせていただいており、ご迷惑をおかけしないように努めている」とコメントした。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です