BMW「新型1シリーズ 2016」デザイン画像集

BMW 1series 2016 02

sponsored link


BMW 1series 2016 01 BMW 1series 2016 03

sponsored link


BMW 1series 2016 04 BMW 1series 2016 05

sponsored link


BMW 1series 2016 07 BMW 1series 2016 06

sponsored link


BMW 1series 2016 08 BMW 1series 2016 09

 

3月3日にスイスで開幕したジュネーブモーターショーでBMWは、改良新型の『1シリーズ』を初公開した。今回、欧州で初公開された改良新型1シリーズは、現行型のデビューから3年半が経過して、初の大幅改良が施されたモデル。ボディは引き続き、3ドアと5ドアを設定する。
外観は、フロントを中心に変更。ヘッドライト、バンパー、グリルのデザインを一新し、『2シリーズ』を思わせるスポーティな表情に変身した。LEDデイタイムランニングライトも組み込む。リアは、テールランプが、リアゲートにまで回り込んだL字型の新デザイン。バンパーも新しい。室内は、ダッシュボードのセンターコンソールのデザインを見直し、オーディオや空調の操作性を向上。シートの素材も変更を受けた。
BMWがアピールするのは、競合車に対する運動性能の高さだ。1シリーズは、プレミアムコンパクトセグメントで唯一、後輪駆動が基本で、前後重量配分も50対50。シアー・ドライビング・プレジャー(純粋な運転の歓び)を提供する。(response)

 

ドイツの高級車、BMWは4月7日、中国で4月20日に開幕する上海モーターショー15において、改良新型『1シリーズ』をアジア初公開すると発表した。
現行1シリーズは2世代目で2011年9月、フランクフルトモーターショー11で初公開。改良新型1シリーズは、現行型のデビューから3年半が経過して、初の大幅改良が施されたモデル。ボディは引き続き、3ドアと5ドアを設定する。
外観は、フロントを中心に変更。ヘッドライト、バンパー、グリルのデザインを一新し、『2シリーズ』を思わせるスポーティな表情に変身した。LEDデイタイムランニングライトも組み込む。リアは、テールランプが、リアゲートにまで回り込んだL字型の新デザイン。バンパーも新しい。
室内は、ダッシュボードのセンターコンソールのデザインを見直し、オーディオや空調の操作性を向上。シートの素材も変更を受けた。
改良新型1シリーズは3月、ジュネーブモーターショー15でワールドプレミア。これに続いて、上海モーターショー15では、同車がアジア初公開を果たす。BMWは、「改良新型1シリーズは従来と比べて、スポーティかつ燃費性能に優れる」と説明している。(response)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です