BMW 「新型 Z4 2019」公式デザイン画像集!


BMWが「新型 Z4ロードスター」を発表!トヨタ「新型スープラ」のベースモデル。

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link

 

BMWは8月24日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」(Pebble Beach Concours d’Elegance)において、新型『Z4ロードスター』(BMW Z4 Roadster)を初公開した。

新型Z4ロードスターは、3世代目モデル。新型はロングノーズ、短いオーバーハング、低重心デザインが特徴。ルーフは先代(2代目)のハードトップではなく、初代モデルと同様、ソフトトップが採用された。

新型Z4ロードスターには、高性能グレードとして、「M40i」を設定。BMW M社が手がける「M パフォーマンスオートモビル」が開発した高性能モデル。新型『X3』と『X4』に続いて、M40iがZ4ロードスターに初めて用意される。

新型Z4ロードスターのM40iグレードには、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載。Mパフォーマンスの手によって、高回転化やさらなるスムーズさを求めて、チューニングが施された。その結果、最大出力は340hpを獲得する。0~100km/h加速は、4.6秒の性能を備える。

さらに、新型Z4ロードスターのM40iグレードには、電子制御ダンパーを備えたスポーツサスペンション、新開発フロントアクスル、軽量なMアルミホイール、Mスポーツブレーキシステム、リアアクスルの電子制御ロックなどが専用装着されている。


新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link