故スティーブ・ジョブス所有の「BMW Z8」がオークションに出品!

スティーブ・ジョブスの「BMW Z8」がオークションに、予想落札価格は40万ドル

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

故ジョブス氏のBMW Z8がオークションに、予想落札価格は40万ドル

  • 故スティーブ・ジョブズ氏が所有していたBMW Z8が12月、オークションに出品される。
  • スマートなロードスターの予想落札価格は、30~40万ドル。
  • ジョブス氏は2000年、アップルCEOに正式に就任した後にこの車を購入した。

お金があれば、故スティーブ・ジョブズ氏が所有していたオープンカー、BMW Z8に乗ってクルーズできるかもしれない。

12月6日にニューヨークでオークションにかけられるZ8の初代オーナーは、アップルを創業したジョブス氏。カラーはシルバー、ボディはチタン製、インテリアは黒のレザーで統一されている。記録されている走行距離は1万5200マイル。

落札予想価格は30~40万ドル(約3400~4500万円)で、少なくとも故ジョブス氏が2000年に購入したときの倍以上となりそうだ。同氏は購入後3年でこのコンバーティブルを手放している。

Z8には、所有者名として「Jobs, Steven P.」と記載されたカリフォルニア州の登録証の写しと、オリジナルアクセサリーのモトローラ製の携帯電話も付属している。

「面白いことに、ただし意外でもないが、ジョブス氏はモトローラの電話を嫌っていたようだ」とオークションを主催するサザビーズのウェブサイトに記載されている。

sponsored link



sponsored link