シボレー「新型カマロ」日本発表:公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




 

小型・軽量化とともに剛性を高め、より俊敏でパワフルなパフォーマンスを実現 新型「シボレー カマロ」を発表

  • 新たなベンチマークを打ち立てる第6世代新型「シボレー カマロ」ついに日本上陸
  • クーペLT RS、コンバーチブル、クーペSSの3モデル

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格、略称:GMジャパン)は、アメリカを代表する人気スポーツクーペ「シボレー カマロ」の最新モデルを発表、2017年11月11日(土)から全国のシボレー正規ディーラーネットワークで販売開始いたします。

導入モデルは新開発の2.0リッターターボエンジン搭載のクーペ「シボレー カマロLT RS」と「シボレー カマロ コンバーチブル」、および6.2リッターV8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「シボレー カマロSS」の3モデルをラインアップ。

メーカー希望小売価格(税込)は、「シボレー カマロLT RS」5,162,400円、「シボレー カマロ コンバーチブル」6,026,400円、「シボレー カマロSS」6,458,400円です。

「シボレー カマロ」は、1967年に初代モデルを発売以来、流麗なクーペスタイルとパワフルな走りのV8エンジンを中心に常に時代の変化を捉え、パフォーマンス、スタイリングと共に最新技術を投入しながら進化を続け、アメリカンスポーツクーペの象徴的モデルとして絶大な人気を誇ってきました。

第6世代目にあたる新型「シボレー カマロ」は、“Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い”をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げています。

sponsored link



sponsored link