Citroen「SpaceTourer 4×4 E concept」実車デザイン画像集@ジュネーブ

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

SpaceTourer 4×4 Eコンセプトは、2016年のジュネーブショーで世界初公開し、その後に市販化したバンモデル「SpaceTourer(スペースツアラー)」をベースに、仏Automobiles Dangelと共同開発した切り替え可能な4WDトランスミッションを採用し、最低地上高を60mm高くすることで路面状況に寄らず活躍できるようにした新感覚のSUV。ボディにはカモフラージュ柄のビジュアルデザインがあしらわれ、オレンジのドット柄やロゴマークなどを使ってアクティブなアウトドアイメージをアピールする。

このクルマが目指すノマド(遊牧民)のようなライフスタイルを実現するために設定された4WDシステムは、スペースツアラーが持つ本来のロードホールディング性やパフォーマンスなどを維持しつつ、冬のリゾートでウインタースポーツを楽しむときにも路面の凍結や雪などに悩まされることのない走破性を発揮する。

このほかにインテリアでは、安全なドライブのためにドライバーの使い勝手を第1に考え、3Dナビゲーションである「シトロエン・コネクト」のほか、ヘッドアップディスプレイ、ミラースクリーン、シェア・ウィズUアプリケーションなどの機能を備えている。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1047904.html

sponsored link



sponsored link