ダイハツ「東京オートサロン2018」出展車両を発表;商用車×遊びココロ!


東京オートサロン2018に9台のコンセプトカーを出展

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link



 

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2018」に、計9台のコンセプトカーの出展を予定している。

ダイハツブースは昨年に引き続き、「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、3つのカテゴリーでコンセプトカーを出展。軽自動車から小型車までのバリエーション豊かなラインナップを生かし、各車の持つ世界観を深化させながら、過去から引き継がれるダイハツのDNA を感じていただけるブースとコンセプトカーとした。

<出展コンセプトカー 一覧>

【SPORT】
・「シャレード デトマソ」や「ミラTR-XX」といった、往年のダイハツホットハッチが目指した精悍さと上質感を表現
・赤×黒のボディカラーにゴールドのアルミホイールで、個性が際立つスポーツテイストを演出
・出展する「ブーン スポルト パッケージ」に装着しているアクセサリーパッケージは、株式会社ダイハツビジネスサポートセンターより、2018年1月12日に発売予定

【PREMIUM】
・パールホワイトのボディーにメッキパーツやエアロパーツを装着し、優美さと迫力を表現
・クールでスタイリッシュな高級感あるプレミアムカスタムスタイルを提案

【ACTIVE】
・日常生活や仕事における使い勝手や機能性を追求してきた各車の特長を生かしながら、海、山、川とアクティブに遊べるクルマとして表現
・「ハイゼット カーゴ デッキバン アクティブバージョン」は、釣具ブランド「ツララ」とのコラボレーションによるアングラー仕様

sponsored link

sponsored link