ダイハツ「新型DN MULTISIX」発表:SUVスタイルMPVに新モデル!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

インドネシア国際オートショー2017 世界初出展となる小型車のコンセプトカーなどを出展

ダイハツ工業(株)(以下 ダイハツ)のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM ) は、8月10 日(木)~ 2 0日(日) にジャカルタで開催される「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017(GIIAS2017)」に、世界初出展となる小型車のコンセプトカー「DN MULTISIX」「DN F-SEDAN」の2台や、東京オートサロン2017に出展した軽乗用車「ムーヴ キャンバス Sporza」や小型乗用車「トール Grand Custom」に加え、ダイハツ110周年を記念したインドネシア現地市販車の特別仕様車など総勢15台を出展する。

今回出展するコンセプトカーは、どちらも世界初出展となり、インドネシアのお客様の生活に寄り添い、生活を豊かにする新提案の車両。
「DN MULTISIX」は多人数乗車が主流のインドネシアにおいて、現在ADM が保有するMPV ラインナップ「セニア」「シグラ」に続く新しいカテゴリーのFF※1MPV※2とした。
「DN F-SEDAN」は、A セグメントのハッチバックセダンタイプの小型車。ADM のラインナップには無い、新しい市場の可能性を探るコンセプトカーとした。

ADM は、インドネシアにおけるブランドメッセージである「Daihatsu Sahabatku (=My Best Friend)」のもと、それを体現するFun, Friendly & Reliable のイメージを継続訴求。更にはダイハツ110周年の感謝を込めて、「Daihatsu FestiveFun」をブーステーマに、インドネシアのお客様ニーズに応える現地最適商品の開発や、現地化への取り組みをアピールする。

※1:Front drive Front engine
※2:Multi Purpose Vehicle

sponsored link



sponsored link