ダイハツ「ハイゼットカーゴ」一部改良で安全技術を強化!











 

ダイハツ工業は12月10日、軽商用車「ハイゼット カーゴ」を一部改良して発売した。価格はハイゼット カーゴが93万4200円~149万5800円、ハイゼット カーゴ 特装車が93万4200円~161万7840円。

今回の改良では、歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキなどを搭載した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を、従来のAT車に加えてMT車にも標準装備(スペシャル、デラックスを除く)して安全性能を向上させた。

併せてスマートアシストIII搭載車には、左右後方の障害物を検知して警告音で知らせるコーナーセンサー(リア)やVSC&TRC、エマージェンシーストップシグナルなどの安全装備、IRカットガラス(フロントウィンドウ)、トップシェイドガラス(ブルー)などの快適装備を採用した。

ダイハツでは、乗用車のみならず商用車へも「スマートアシスト」の搭載を拡大しており、2017年に「ハイゼット カーゴ」のAT車に「スマートアシストIII」を、2018年には「ハイゼット トラック」に「スマートアシストIIIt」を搭載。今回の一部改良では、一部特装車を除くすべての軽商用車ラインアップに「スマートアシスト」の搭載を完了したとしている。


 

あわせて読みたい