ダイハツ「新型 テリオス カスタム」発表;公式デザイン画像集!


2017年11月発表の本格7人乗りコンパクト SUV「テリオス」をベースに、前後バンパーやサイドロア部分へアクセサリーパーツを追加して、よりスポーティ感をプラス

sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

ダイハツ工業(株)(以下 ダイハツ)のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、8月2日(木)~12日(日)にジャカルタで開催される「ガイキンドインドネシア国際オートショー2018(GIIAS2018)」に、コンパクト SUV「テリオス」ベースの特別仕様車「テリオス カスタム」や、ADM の R&D が企画したコンセプトカー「アイラ ターボ」、2017年の東京モーターショーに出展した軽商用EVコンセプトカー「DNPRO CARGO」など総勢13台に加え、先進技術に関するモックアップモデル「DAIHATSU ADVANCED TECH」を出展する。
今回発売した「テリオス カスタム」は、2017年11月に発表したコンパクト SUV「テリオス」をベースに、アクセサリーパーツなどで、さらにスポーティなイメージを付与したモデルとなり、GIIAS2018 の会場で、ユーザーへ初めてお披露目した。
また、コンセプトカー「アイラ ターボ」は、インドネシアで好評のコンパクトカー「アイラ」をベースに、内外装や走行性能などをレーシング仕様に仕立てたモデルとなり、ADM の R&D メンバーが企画・開発した。その他、技術展示「DAIHATSU ADVANCED TECH」は、ダイハツが目指す先進技術(電動化、予防安全、コネクティッド など)のイメージを表現したモックアップモデルとなる。

sponsored link

新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link