ダイハツ「新型トール/トールカスタム」発表;公式デザイン画像集!

002

sponsored link


17 18

sponsored link


15 81

sponsored link


3720

sponsored link


48 01 26



83 84



85 86



22 08 09 28

sponsored link


25 27

sponsored link


50 51 52

sponsored link


 

新型小型乗用車「トール」「トール カスタム」発売

~子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー~

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、新型小型乗用車「トール」を11月9日(水)から全国一斉に発売する。

「トール(THOR)※1」は、小型車のスペースモデルに、ダイハツが軽で培ったノウハウを投入すべく、「家族とのつながり」をキーワードとして、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発。
軽自動車で培ったパッケージング技術を応用し、コンパクトな外形寸法で取り回しの良さを軽自動車同等としながら、ゆとりある室内空間を実現。また家族の使用シーンを想起し、様々なシーンに対応できるシートアレンジと荷室を設定。使い勝手にもこだわり、回転式カップホルダーや大型乗降用アシストグリップ(チャイルドグリップ付)、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなど家族に優しい思いやりの装備も多数採用。
さらに、新開発となる1.0Lターボエンジンや、軽乗用車「ムーヴ」などの知見を応用した高剛性ボディとDサスペンションの採用などにより、休日の遠出も楽しめる高い基本性能を実現するなど、様々な家族の使用シーンで、お客様が笑顔になれるクルマとした。

ダイハツは、今後も需要が高まるスモールカー市場において、ダイハツが軽自動車で培ってきた強み(『軽で開発した技術』と『ユーザーニーズに合わせた生活密着型の商品提案』)を小型車に展開することで、軽自動車を基点としたスモールカー全体のレベルアップを目指す。

トール、トール カスタムの主な特長は、以下の通り
1.ゆとりある室内空間と取り回しの良さ
2.あらゆるシーンに対応できる荷室とシート
3.家族に優しい工夫と思いやり装備
4.運転の楽しさと家族を守れる安心感
5.躍動感と堂々迫力が共存するエクステリア

※1:北欧神話の雷神Thor(トール)から「力強く頼りがいのある相棒」という意味に加え、TALL=「背が高い」と同音で新ジャンルのトールワゴンであることを表現

 

主要諸元
モデル X G“SA II” カスタムG カスタムGターボ“SA II”
駆動方式 2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 2WD(FF)
全長×全幅×全高[mm] 3,700×1,670×1,735 3,725×1,670×1,735
ホイールベース[mm] 2,490
車両重量[kg] 1,070 1,130 1,080 1,100
エンジン 直列3気筒DOHC 1.0リッター「1KR-FE」 直列3気筒DOHC 1.0リッターターボ「1KR-VET」
ボア×ストローク[mm] 71.0×83.9
圧縮比 12.5 9.5
最高出力[kW(PS)/rpm] 51(69)/6,000 72(98)/6,000
最大トルク[Nm(kgm)/rpm] 92(9.4)/4,400 140(14.3)/2400-4000
トランスミッション CVT
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
前/後サスペンション形式 マクファーソン・ストラット式/トーションビーム式 マクファーソン・ストラット式/トレーリングリンク車軸式 マクファーソン・ストラット式/トーションビーム式
前/後ブレーキ形式 ベンチレーテッドディスク/リーティング・トレーリング
前/後タイヤ 165/65 R14 175/55 R15

You may also like...


sponsored link