DS「新型DS7 CROSSBACK “ラ・プルミエール”」発売;公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








sponsored link


 

仏・DSにフラッグシップのSUV「DS 7 クロスバック」発表 ~新アクティブサスも搭載~【ジュネーブショー2017】

パリ・ヴァンドーム広場近くで初披露された「DS 7 CROSSBACK」

「リヴォリ」、「フォブール」、「オペラ」に「バスティーユ」と聞けば、パリを訪れたことがなくても何となく聞いたことのある地名だろう。これらの名で内装の仕様やグレードを表すのにふさわしいクルマは、確かに従来なかった。2017ジュネーブショーが差し迫った2月28日、パリのヴァンドーム広場の隣ヴォルネー通りの会場で披露された、DSの新たな旗艦モデル「DS 7 CROSSBACK」(ディーエス・セブン・クロスバック)である。

ボディサイズは4.57×1.89×1.62mという堂々たるもので、レクサス NX300hやアウディ Q3、BMW X1にボルボXC 60らと競合する。

今回お披露目されたのは、DS 7 クロスバックのファースト・ロット限定仕様「ラ・プルミエール」。

ワインレッドのレザー内装に、クルー・ド・パリという彫り模様を施したメタルパネルという、シックな素材コントラストもフランス的だが、14個のスピーカーを備えたオーディオシステムもフランスの高級メーカー、フォーカル・エレクトラ製。シトロエンから独立後に初めてゼロからDSブランドとして企画された最高峰モデルだけに、フランスのメゾン・ブランド的な伝統工芸と先端技術を融合させるという、DS独自のラグジュアリー観が炸裂した一台といえる。

DS 7 クロスバックのプラットフォームは、プジョー 308やシトロエン C4ピカソで高い評価を得ているEMP2。ドライブトレーンは、まずガソリンでは高圧インジェクションでさらに高効率化された1.6リッターターボのTHP225を筆頭に、THP180、1.2リッターターボのピュアテック130の3種類。

ディーゼルは2リッターターボのBlueHDi180に加え、新開発の1.6リッターターボであるBlueHDi130の2種類が用意される。MT以外のトランスミッションはEAT8というアイシンAW製の新たな8速ATを採用した。これらは2018年1月の欧州、同年前半に予定される日本市場での発売時のラインナップだが、2019年には100ps強の電気モーターと13kWhのリチウムイオン・バッテリーを後車軸モジュールに組み込んだ、4WDのPHEV仕様もアナウンスされている。THP225との連携で約300ps・450Nmの最大出力&トルクに、ZEVモードで約60㎞の自律走行が可能という。

http://autoc-one.jp/launch/3208746/

sponsored link



sponsored link