フェラーリ「新型488 スパイダー 2017」デザイン画像集

Ferrari 488 Spider 2016 01

sponsored link


Ferrari 488 Spider 2016 02 Ferrari 488 Spider 2016 03

sponsored link


Ferrari 488 Spider 2016 04 Ferrari 488 Spider 2016 05

sponsored link


Ferrari 488 Spider 2016 06 Ferrari 488 Spider 2016 07

sponsored link


Ferrari 488 Spider 2016 08 Ferrari 488 Spider 2016 09

 

フェラーリ・ジャパンは6月にデビューした『488GTB』のオープンモデル、『488スパイダー』を発表した。価格は3450万円である。
「488GTBの持つパワフルな性能と、極上の“ドロップトップドライビングプレジャー”を、誰でもリラックスして楽しめるのがこの488スパイダーのコンセプトだ」とは、
フェラーリ極東エリア統括マネージング・ディレクターのディーター・クネヒテル氏の弁。
過去、ミッドシップにV8エンジンを搭載したスパイダーのユーザーからは、「走る喜びとスリルを際立たせるオープントップドライビング。
そして、遮るもののないダイレクトなエンジンサウンド。2名乗車するのに十分な室内の快適性とユーザビリティが高く評価されて来た」とし、
今回の488スパイダーも、それらを踏まえたうえで、「新世代7速F1デュアルクラッチ・トランスミッションを組み込んだ新型エンジンは、スポーツスパイダー史上、最もパワフルな加速及びピックアップ性能を発揮する」とコメント。
ミッドシップV8オープンモデルの歴史を振り返ると、1977年にデビューした『308GTS』にまで遡る。
GTSの名が付くクルマはタルガトップ形状(ルーフを取り外す形状)で、その後、『328GTS』、『348GTS』、『F355GTS』と3世代継続した。
一方、フルオープンタイプは、『348スパイダー』が最初で、それ以降連綿と現在まで続いている。
クネヒテル氏は488スパイダーについて、「タルガとスパイダー双方のボディタイプの素晴らしい特徴を兼ね備えている」という。
つまり、リアウインドウストッパーを下げた状態では、スパイダーならではのフルオープンドライビングエクスペリエンスが味わえ、上げた状態では、タルガ同様の優れたウインドウプロテクションを発揮するからだ。
また、「488スパイダーは、先代の『458スパイダー』の性能数値をあらゆる面で改善している」とクネヒテル氏。
具体的には、0-100km/hの加速は3秒フラット(458スパイダーは3.4秒)。0-200km/hの加速は、8.7秒(同10.8秒)。
また、フィオラーノサーキットのラップタイムでは、83秒(同85秒)となり、歴代スパイダーモデル中、最も高い性能を誇ることを強調した。(response)

You may also like...


sponsored link