ホンダ「新型シビック・クーペ 2016」実車デザイン動画@LAモーターショー

HONDA CIVIC COUPE LA

sponsored link


2016 Honda Civic Coupe First Look – 2015 L.A. Auto Show  …AutoGuide.com

sponsored link


 

2015年ロサンゼルスオートショーで北米向け新型「CIVIC(シビック)クーペ」を世界初披露

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:山田 琢二)は、現地時間2015年11月17日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。 Hondaは、2015年ロサンゼルスオートショー(プレスデー:2015年11月17日〜19日、一般公開日:11月20日〜29日)にて、新型「CIVIC(シビック)クーペ」を世界初披露しました。

sponsored link


北米で10代目となる新型シビックシリーズは、デザインや走行性能、燃費に加えて、快適性や安全性に至るまで、すべての領域で妥協することなく新たに開発されました。シビックセダンに次ぐ第2弾として初披露されたシビッククーペは、セダン以上に際立たせたファストバックスタイルや、短いリアオーバーハングなど、スポーティーさをさらに追求したデザインとしています。また、セダン同様に北米向けHonda車では初搭載となる1.5L直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンを含む、2種類の新開発エンジンを採用したほか、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」などの最新技術も多く取り入れ、コンパクトクラスに新たな価値を提供します。

sponsored link


この新型シビッククーペは2016年3月に発売を予定しています。北米向け新型シビックシリーズは、セダンとクーペのほかに北米初投入となる5ドア、スポーティーモデルのSi、そしてTYPE Rを設定しており、今後順次発売していきます。また、生産については、セダンとクーペは米国・インディアナ工場とカナダ・オンタリオ工場で、5ドアは英国・スウィンドン工場でそれぞれ行われます。

なお、今回のロサンゼルスオートショーでは、10月に開催された「第44回東京モーターショー2015」のHondaブースで世界初披露された新型の燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」市販予定車も、北米で初めて展示されます。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です