ホンダ「新型N-BOX」ボディカラーデザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








 

本田技研工業は、5月25日に公開がスタートした新型「N-BOX」の先行情報サイトを更新。2代目となるN-BOXの新情報を明らかにしたほか、「新型N-BOX 2017.8.31 Debut」としている。

新型N-BOXではプラットフォームを含め、構成部品の約9割を見直し。これにより、初代モデルから約150kgの重量減を実現し、ここに約70kgの新装備を追加。結果的に車重を約80kg軽量化している。

このほか、全タイプで先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備することは6月のサイト更新ですでに紹介されているが、新たにこのホンダ センシングに、「後方誤発進抑制機能」がホンダ車として初めて搭載することを明らかにした。さらに、7月6日に発表された新型「グレイス」でホンダ車初搭載となった「オートハイビーム」も採用されるという。

このほかに先行情報サイトでは、新型N-BOXのグレード体系やボディカラーのラインアップなどを掲載。N-BOXとN-BOX カスタムのそれぞれに、助手席が前後に570mmスライドする新開発の「助手席スーパースライドシート」を装備する「スーパースライドシート仕様」を各2グレード設定。また、初代モデルにも採用していた「ベンチシート仕様」は、N-BOXに3グレード、N-BOX カスタムに2グレードを用意する。

ボディカラーでは、N-BOXにモノトーン10色、2トーンカラー4色の14種類を設定。N-BOX カスタムはモノトーン7色、2トーンカラー5色の12種類が設定される。

sponsored link



sponsored link