ホンダ「新型S660 Neo Classic Prototype」量産検討モデル;デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


 

sponsored link


sponsored link


 

1 月 13 日(金)から 15 日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン 2017」に、株式会社ホンダアクセス
従業員による自発的な活動で製作したカスタマイズモデルを「N Lab.(エヌラボ)」として出展します。
「N Lab.(エヌラボ)」は株式会社ホンダアクセス従業員の有志による自発的な活動で、参加従業員の業務領域にとどまらず、
デザインやモデル制作に参加することで、モノづくりに対する理解を深めるとともに、東京オートサロンへ出展、展示を行う
ことでお客様とのコミュニケーションより様々なインスピレーションを感じることで、今後のモノづくりへのモチベーションを
高めることを狙いとしています。
出展車両は、「働く車はカッコいい」をコンセプトに掲げ、アクティトラックをベースに働くトラックの力強さを表現した
「T880」。そしてSUVとしての圧倒的な存在感と使い込んだ頼れる道具をイメージした「VEZEL GEAR」の 2 台を
展示します。さらに、昨年の東京カスタムカーコンテスト 2016 にてグランプリを獲得したS660 Neo Classic Concept の
車体サイズや架装内容など、量産検討を行うためのモデル「S660 Neo Classic Prototype」をチューニングカー
ミーティングブースに展示します。

sponsored link



sponsored link

1 Response

  1. 15/01/2017

    […] ホンダ「新型S660 Neo Classic Prototype」量産検討モデル;デザイン画像集! […]