ホンダ「スポーツ ビジョン グランツーリスモ」はS2000復活の狼煙?

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

企画にあたっては、グローバルデザインコンペティションを開催。ウィナーとなったのがこの「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」である。コンペティションの後、さらなるデザインの熟成作業においては、日米のデザイナーの手により、それぞれの強みを生かしながらグローバルに展開された。クォーターモデルはアメリカで、モデリングデータの作成とハードの設定は日本でというように、各地域の人々が密接に繋がり、多くのデザイナーが楽しみながらこのプロジェクトに参加した。
「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」はホンダのデザインダイレクションである「Human Center Design」、すなわち人間中心という考え方が、クルマの骨格を決定する人の乗せ方やエンジン、タイヤの配置といったパッケージデザインに具現化されている。その上でスポーツカーに求められる、止まっている時でさえ走り出しそうな動きのあるプロポーション、引き締まったボディ、エアインテークと共に張り出す力強い前後フェンダー、そして機能と美しさを併せ持ったホイールなどにより、力強い存在感となって表現されている。
ボディはカーボンを多用し、ウェイトは899kgを達成。排気量1,998ccのエンジンはミッドシップに搭載され、L4ターボとDOHC-VTECにより410PS/7,500rpmをたたき出す。そのパワーは8速デュアルクラッチトランスミッションを経て、余すところなく路面へ伝えられる。
また、空力についてのシミュレーションはもちろん、実際の風洞テストまで行ない、実車同様の開発が行なわれた。これによりボディ、アンダーフロアをはじめ、室内やエンジンルーム内の流速、排気にいたるまで、理想的な空力性能を実現している。
この「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」はホンダの「Power of Dreams」を体現するものであり、多くの方々に楽しんでもらえる、本物の1台になったと確信している。

sponsored link



sponsored link