ホンダ「新型ステップワゴンSPADA」発表;公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

 Hondaは、機能的な空間、独創的な機構のテールゲート「わくわくゲート」などでご好評いただいている「STEP WGN(ステップ ワゴン)」にマイナーモデルチェンジを施し、9月29日に発売します。今回のモデルチェンジでは、SPADA(スパーダ)の外観を変更するとともに、SPADAに2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD※1」搭載仕様を設定。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2を全タイプに標準装備※3とし、機能をさらに充実させています。

販売計画台数(月間)

5,000台

主な変更点

SPADAのエクステリアデザインを刷新

  • 新採用のLEDヘッドライトによりシャープさを、専用デザインのフロントグリルにより存在感を表現。SPADAの個性をさらに際立たせる、スタイリッシュかつダイナミックなフロントマスクに仕上げました。
  • さらに、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更することで、よりスポーティーなエクステリアデザインに進化しました。

SPADAにハイブリッド仕様を設定

  • 2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」搭載仕様を設定。上質で力強い走行性能と、クラストップレベル※4となる25.0km/L(JC08モード)※5という低燃費を両立させました。また、Hondaの四輪車として初めて認可取得した「WLTCモード」※6では20.0km/Lとなります。
  • ハイブリッド仕様には専用チューニングサスペンションと、さらに上級グレードにはパフォーマンスダンパー※7を採用。乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせました。

安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能をさらに充実

  • 歩行者事故低減ステアリング機能を新たに採用し、Honda SENSINGの基本8機能※8を全タイプに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援します。
  • ハイブリッド仕様には渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を搭載。作動範囲を0km/hからとすることにより、高速道路における渋滞時などの運転負荷軽減を図ります。
  • SPADAおよびModulo Xは、政府が推奨する安全運転サポート車「サポカーS ワイド」に、その他のタイプは「サポカーS ベーシック+」に該当しています。
sponsored link



sponsored link