ホンダ「スーパーカブ」が超かっこいい!カフェレーサー仕様パーツ発表!







ホンダ スーパーカブ、カフェレーサーに変身…カスタマイズモデル発表

ホンダが1958年以来、生産を続けている世界最多の量産二輪車、『スーパーカブ』。このバイクを、カフェレーサーに変身させるカスタマイズモデルが発表され、注目を集めている。

カスタマイズを手がけたのは、タイに本拠を置くK-Speedだ。スーパーカブはタイでも人気が高く、現地では多くのスーパーカブが走っている。そこでK-Speedは、他人とは違うスーパーカブに乗りたい顧客に向けて、カスタマイズを行った。

カスタマイズのテーマは、カフェレーサーだ。カフェレーサーとは1960年代、英国のロッカーズカフェに集まった若者が、公道でレースをするために、カッコ良さと速さを求めてバイクのカスタマイズを行ったのがルーツとされる。

スーパーカブのカフェレーサーでは、ブラウン+ブラックを基調にしたカラーリングとし、落ち着いたムードを演出する。ヘッドライトはやや下方に配置され、オレンジのウインカーは廃止された。また、前後ともにフェンダーレス仕様になっているのも特徴だ。

さらに、サドルはレザー製とし、シングルシーターに変更された。17インチのワイドタイヤ&ホイールが装着されており、足元の力強さを表現する。ハンドルバーやリアサスペンション、マフラーなども専用デザインに改められている。

https://response.jp/article/2018/12/27/317557.html


 

あわせて読みたい