ホンダ「ヴェゼル」をマイナーチェンジ!デザイン一新 & CarPlay / Android Autoに対応!


ホンダ、ハイブリッド制御や4WDの進化など「ヴェゼル」マイチェン!フロントシートの形状を刷新し、「CarPlay」「Android Auto」対応。

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link





 

Hondaは、洗練されたデザインと広い荷室や室内空間で、幅広い層のお客様にご好評いただいているSUV「VEZEL(ヴェゼル)」に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備※1するとともに、デザインの進化や加速フィールの向上を図り、2月16日(金)に発売します。

今回のモデルチェンジでは、先進感と力強さを際立たせたエクステリアや、上質感と心地よさを追求したインテリアなど、デザインに一層の磨きをかけるとともに、ハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD※2」にきめ細かなチューニングを施し、さらにスムーズな加速フィールを実現しました。
VEZELの特長である、Honda独創の「センタータンクレイアウト」がもたらす大きな荷室やミニバン並みのゆとりあるリア席空間はそのままに、細部をさらに熟成することで、商品の魅力を一段と高めています。

VEZELは2013年12月に、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したクルマとして誕生して以来、2018年1月までに累計31.1万台※3を販売するなど、幅広い層のお客様からご支持をいただいています。

 

販売計画台数(国内・月間)

5,000台

主な変更点

エクステリアデザインの進化

  • フロントのバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用することで、さらなる先進感と力強さを表現
  • ボディーカラーには、新開発色である「オーロラアメジスト・メタリック」と「シルバーミストグリーン・メタリック」を含む3色を新たに追加するなど、全8色のラインアップを設定

インテリアの質感向上と快適装備の追加

  • フロントシートの形状を刷新しステッチを変更することで、ホールド性と質感をさらに向上
  • iPhone※4やAndroidTM※5などのスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などを、ナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」※4「Android AutoTM※5に新たに対応※6

ハイブリッドモデル:運転する楽しさを追求した、さらに爽快な走り

  • ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」にきめ細かなチューニングを施すことで、よりスムーズな加速フィールを実現
  • ハイブリッドモデルのブレーキペダルにリンク機構を新採用することで、ブレーキ踏み込み時のペダルの軌跡を最適化し、よりスムーズなブレーキフィールを実現

Honda SENSINGを全タイプに標準装備

  • 先進の安全運転支援システム、Honda SENSINGの8機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルの全タイプに標準装備※1。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援※7
  • 自動ブレーキ、誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS<車線維持支援システム>」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」など、ドライバーの負担を軽減し、快適な運転をサポートする機能も充実※7

静粛性と燃費性能の向上

  • ボディーに制振材を追加し最適配置することで、走行時の静粛性をさらに向上
  • エンジン内の高圧燃料ポンプの構造を見直すことで、走行時に発生するエンジン音を低減
  • カムチェーンの摩擦低減などにより、ガソリンモデルの燃費が21.2km/L(JC08モード)※8に向上

4WDモデル:雪上でのコントロール性能向上

  • 4WDシステム「リアルタイムAWD」のトルク制御モデルがさらに進化し、雪上での旋回や登坂発進時に、より安心かつ上質な乗り味を実現
  • ※1一部のタイプではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可
  • ※2Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略
  • ※3一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)調べ(2013年12月~2018年1月)
  • ※4iPhoneおよびApple CarPlayは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です
  • ※5AndroidTMおよびAndroid AutoTMは、米国および他の国々で登録されたGoogle Inc.の商標です
  • ※6タイプ別設定
  • ※7Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
    詳細はホームページをご参照ください。http://www.honda.co.jp/hondasensing/
  • ※8G・Honda SENSING(FF)、X・Honda SENSING(FF)の国土交通省審査値

全国メーカー希望小売価格

◎印は写真掲載タイプ

タイプ 駆動 エンジン トランスミッション 消費税8%込み
G
Honda SENSING
FF 1.5L
直噴 DOHC i-VTEC
CVT 2,075,000円
4WD 2,291,000円
X
Honda SENSING
FF 2,165,000円
4WD 2,381,000円
RS
Honda SENSING
FF CVT+パドルシフト 2,475,000円
HYBRID
Honda SENSING
FF 1.5L
直噴 DOHC i-VTEC
i-DCD
高出力モーター内蔵
7速DCT
+パドルシフト
2,460,000円
4WD 2,676,000円
HYBRID X
Honda SENSING
FF 2,539,000円
4WD 2,755,000円
HYBRID Z
Honda SENSING
FF 2,710,000円
4WD 2,926,000円
HYBRID RS
Honda SENSING
FF 2,810,000円
  • 価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
  • 自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額

〇ボディーカラー

  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック※9
  • オーロラアメジスト・メタリック(新開発色)※10
  • シルバーミストグリーン・メタリック(新開発色)
  • プラチナホワイト・パール(新採用色)※10
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック※10
  • ルナシルバー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • ルーセブラック・メタリック※10

○インテリアカラー

  • パッションブラック(コンビシート)
  • ジャズブラウン(コンビシート)
  • ブラック(ファブリック)
  • ダークグレー<ウルトラスエード®>(コンビシート)
  • ブラック(本革シート)<メーカーオプション>

※ボディーカラー、インテリアカラーは、タイプによりお選びいただけない色がございます

  • ※959,400円(消費税8%抜き55,000円)高
  • ※10 37,800円(消費税8%抜き35,000円)高
sponsored link

新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link