ヒュンダイ「新型アイオニックIONIQ」発表=通称プリウスハンター;デザイン画像集

ioniqhybrid1

sponsored link


hyundai-ioniq-1-1hyundai-ioniq-3-1 hyundai-ioniq-2-1

sponsored link


ioniqhybrid1-1 ioniqhybrid2-1

sponsored link


2016_hyundai_ioniq_01f 2016_hyundai_ioniq_04

sponsored link


hyundai-ioniq-4-1 ioniq-a-leap-forward-for-hybrid-vehicles-interior-1

 

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は1月14日、新型環境対応車、『アイオニック』(IONIQ)を韓国で発表した。 アイオニックは、ヒュンダイが開発を進めてきた新型環境対応車。トヨタ『プリウス』の対抗車と噂されてきた。アイオニックは、新開発の車台をベースに、プリウス同様、5ドアハッチバックのボディを採用。空気抵抗係数を示すCd値は0.24。ヒュンダイによると、クラスをリードする数値という。
アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。ヒュンダイは、「同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、アイオニックが世界初」と、自信を見せる。 3種類の中から、まずはハイブリッドが登場。エンジンは新開発のハイブリッド専用「GDI」。この新開発エンジンは、ヒュンダイの「カッパ」シリーズの最新作。排気量は1.6リットルの直列4気筒ガソリン直噴エンジン。最大出力105ps/5700rpm、最大トルク15kgm/4000rpmを引き出す。
モーターは、最大出力44ps。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、141psのパワーと27kgmのトルクを獲得する。トランスミッションは新開発の6速デュアルクラッチ。二次電池はリチウムイオンポリマーバッテリーで、EVモードでは最高速120km/hの性能を持つ。
燃費性能については、現時点で公表されていない。ただしヒュンダイは、「ハイブリッド車で世界最高燃費が目標」とコメント。さらに、「ステレオタイプなハイブリッドを打ち破る」と、新型プリウスに対抗する姿勢を示している。

You may also like...


sponsored link

1 Response

  1. 28/03/2016

    […] ヒュンダイ「新型アイオニックIONIQ」発表=通称プリウスハンター;デザイン画像集 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です