Jeep「グランドチェロキー」75周年記念モデル日本発売;公式デザイン画像集!

Jeep「グランドチェロキー」に75周年記念モデル;日本合計205台の限定発売!

434_news_75th_WK_image2

sponsored link


434_news_75th_WK_image434_news_75th_WK_styling

sponsored link


434_news_75th_WK_interior_BKgrandcherokee

sponsored link


gc2gc3

sponsored link


gc4gc5

sponsored link


gc6gc7gc8

sponsored link


 

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、1941年に誕生したJeep®ブランドが今年で75周年を迎えることを記念し、ジープ全てのモデルに「75th Anniversary Edition」を設定し台数限定で提供します。5月に発売した第一弾に続き、今回第二弾としてジープ・ラングラーおよびジープ・グランドチェロキーの75周年記念モデル「Jeep Wrangler 75th Anniversary Edition」「Jeep Wrangler Unlimited 75th Anniversary Edition」ならびに「Jeep Grand Cherokee 75th Anniversary Edition」を2016年7月16日(土)、全国のジープ正規ディーラー店舗にて販売開始します。
75周年記念モデルの特徴は、グリーン・オレンジ・ブロンズをボディおよびインテリアの共通のメインカラーに設定し開発した点、さらにエンブレム・フロントシートに刻印された誕生年の「1941」、インテリアアクセントなど数々の特別装備を施している点です。
なお、グランドチェロキーについては以下のアップグレードを加えています。
フロントのフェイスを一新。より精悍なマスクにLEDのフロントフォグランプを装備することで高級感が増した。
ベースモデルには設定されていない安全機能を全て装備(詳細は車両概要に記載)。
3.6Lペンタスターエンジンを改善すると同時にSTART&STOPシステムおよび電動パワーステアリングを新たに設定したことで燃費が約12%向上(詳細は車両概要に記載)。
今回発表する限定モデルの概要は以下のとおりです。

sponsored link


<Jeep Grand Cherokee 75th Anniversary Edition車両概要>
【名称】 ジープ・グランドチェロキー 75th アニバーサリーエディション
(ベースグレード:リミテッド)
【台数】 計205台
(ボディ:レコングリーン、インテリア:ブラック×フォレストベージュ80台、
ボディ:ブリリアントブラッククリスタル、インテリア:ブラック125台)
【全国メーカー希望小売価格(税込)】 6,048,000円 [税抜5,600,000円]
【主な仕様】
エンジン: V型6気筒DOHC
排気量: 3,604cc
最高出力: 213(290ps)/6,400(ECE)
最大トルク: 347(35.4kg.m)/4,000(ECE)
JC08モード燃料消費率:9.6km/L
駆動方式: 常時4輪駆動
トランスミッション: 電子制御式8速AT
使用燃料: 無鉛レギュラーガソリン
ハンドル位置:右
【特別装備】
<エクステリア>
ブロンズアクセント付ボディ同色フロントバンパー
ブロンズアクセント付フロントフォグランプベゼル
ブロンズグリル(ハニカムメッシュ)
ダークヘッドライトベゼル
フロントブロンズカラー牽引フック
ピアノブラックベルトモール
ピアノブラックサイドシル
ブロンズルーフレール
LEDフロントフォグランプ
ダークレンズLEDテールランプ
ブロンズ Jeep バッジ・GRAND CHEROKEEバッジ
1941限定車専用エンブレム
20インチ アルミホイール(ブロンズカラー)
<インテリア>
レザーシート(フロント:1941限定車専用ロゴエンボス加工)
タンジェリンステッチ入りインテリアアクセント
<安全装備>
アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)
アドバンストブレーキアシスト
前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション



 

【新たな機能装備】
START&STOPシステム
電動パワーステアリング
3.6Lペンタスターエンジンのアップグレード
1.改良型バリアブル・バルブ・タイミング(VVT)
インテークバルブの開閉タイミングを制御するVVTシステムの調整範囲が従来の50度から70度に拡大することで、温間始動時のデトネーション(異常燃焼)を抑制しSTART&STOPシステムの作動幅を拡大することが可能になります。
2.2ステージ・バリアブル・インテーク・バルブリフト(VVL)
新たに搭載したVVLシステムでは、エンジン回転数と負荷に応じてインテークバルブのリフト量を2段階で調整。エンジンの作動状態に応じてバルブ・リフトを変化させることでポンピング・ロスを低減し、走行性能を向上させます。
3.クールド・エキゾースト・ガス・リサーキュレーション(CEGR)
排気ガスをエキゾースト・マニホールドからインテーク・マニホールドに還流させるEGRシステムにクーラーを取り付けたことで、エミッションの低減効果をもたらすと同時に燃焼温度を下げ、圧縮比の向上を実現。
1941年に軍用車両として生まれたジープは、特に悪路走破性と耐久性が高い評価を受け、他自動車メーカーにてライセンス生産されるなど業界に大きな影響を与えてきました。75年の歴史の中で様々な進化を遂げてきたジープはフロントグリルの7本格子といった変わらぬ要素も備えており、強烈な個性が世界中のお客様に認知される所以となっています。

You may also like...


sponsored link