「レンジローバー」2018年モデル日本発売;公式デザインギャラリー!


レンジローバー、日本国内で2018年モデルの受注を開始!価格は1409万円~3108万円。

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link





 

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/Magnus Hansson)は、ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER」とプレミアム・スポーツSUV「RANGE ROVER SPORT」の2018年モデルを2018年4月27日(金)より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

2018年モデルでは、フロントグリル、フロントおよびリア・バンパー、ヘッドライト、リアスポイラーなどのエクステリア・デザインを一新し、「RANGE ROVER」はよりモダンで洗練されたデザインに、「RANGE ROVER SPORT」は精悍でよりスポーティなデザインを際立たせています。また、両モデルともインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」や、4Gの通信機能や離れた場所から車の各機能を確認・操作できる「リモートプレミアム」を標準装備しているほか、主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示やオフロード情報など)をフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)や簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインドなどの先進テクノロジーを新たにオプション設定しました。

「RANGE ROVER」では、特にインテリアをより快適かつラグジュアリーに改善していることが特徴です。シートの形状や素材を見直し、ゆったりと深く着座できるようにし、快適性が向上しています。新しいリア・エグゼクティブ・クラスシートには、電動デプロイアブル・リア・センターコンソールと折り畳み式リアシートがあり、5シートの多用途性と4シートの贅沢な空間が選べます(「AUTOBIOGRAPHY」、「SVAutobiography DYNAMIC」、「SVAutobiography」に標準設定)。また、コンフォートコントローラー機能を搭載しており、専用スマートフォンアプリから後席のシートマッサージ、エアコン、個別のシート温度設定などが可能です。さらに、急速冷蔵機能を新たに備えたセンターコンソールボックス(4本の500mlボトルが収納可)やローリングモードやパルスモードなど、25種類のマッサージプログラムから選択ができるホットストーンマッサージ、フットレストヒーターなど、利便性と快適性を高めるオプションを充実させています。


sponsored link