レクサス「IS 200t」発表:レクサス初の「FR✕ターボ」モデルを追加!

レクサス IS 200t 01

sponsored link


レクサス IS 200t 02 レクサス IS 200t 03

sponsored link


レクサス IS 200t 04 レクサス IS 200t 05

sponsored link


レクサス IS 200t 06 レクサス IS 200t 07

sponsored link


レクサス IS 200t 08

 

レクサス初のターボFRスポーツ「IS200t」発売

レクサス(トヨタ自動車)は、スポーティーなISシリーズに、ターボエンジン搭載モデル「IS200t」(508万7000円~)を8月3日(月)に発売する。また、積雪寒冷地域の需要に応え、IS300hモデルに4WD仕様を追加。外板色に“F SPORT”専用色のヒートブルーコントラストレイヤリングなどを加えた全10色を設定する。
「IS200t」は、レクサスのFR車としては初のターボエンジンを搭載。2.0L直噴ターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、燃焼効率を最適化するD-4STを採用することで、低回転域から強大なトルクを発生。滑らかな加速フィーリングを実現した。トランスミッションには8-Speed SPDSを採用し、本格的なスポーツドライビングを提供。フロントはパフォーマンスダンパーを標準装備。ハンドリング特性をシャープにすることで、高い操縦安定性を確保した。
「IS300h AWD」(597万1000円~)には、前後輪に動力を配分するトランスファーにトルセンLSDを採用。トランスミッションからの駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性を実現。さらにカウンターギヤ歯車の加工精度を向上させ、静粛性も高めた。
そのほか部分的な改良として、IS350には、IS200tと同様にフロントにパフォーマンスダンパーを標準装備。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です