マセラティ「新型ギブリ2014」発表;デザイン画像集

マセラティ ギブリ 2014 05

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 01 マセラティ ギブリ 2014 02

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 03 マセラティ ギブリ 2014 04

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 06 マセラティ ギブリ 2014 07

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 08 マセラティ ギブリ 2014 09

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 10 マセラティ ギブリ 2014 11

sponsored link


マセラティ ギブリ 2014 12マセラティ ギブリ 2014 13

sponsored link


マセラティ ジャパンは11月19日、マセラティブランドとして初となるEセグメントのミドルセダン「ギブリ」を発表した。新型ギブリのラインアップは、2WD(FR)のギブリSと、4WDのギブリS Q4の2種類。価格は、ギブリSが940万円、ギブリS Q4が1010万円。

マセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーり社長がギブリの解説を行った
ギブリは、2013年4月に開催された上海モーターショーでワールドプレミアされたニューモデル。マセラティは、2015年までに年間の生産台数を5万台まで伸ばすことを掲げたマセラティ・レボリューションを実行している。ちなみに、2012年の販売台数は6307台なので、2015年までの3年間で約8倍の規模にすることになる。

年間生産台数5万台を達成するために、マセラティでは3つのニューモデルを導入することになっている。第1弾は4月に国内導入された「クワトロポルテ」。そして、今回の「ギブリ」が第2弾となる。第3弾として控えているのは、ラグジュアリーSUVの「レヴァンテ」になる。

ニューモデルの導入とともに、それを受け持つ生産体制の整備も行なわれていて、2013年1月にはトリノに「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」工場を開設した。この新工場では、クワトロポルテとギブリが生産されていて、つい先日に生産開始から1万台目の完成車両が引き渡されたという。

ギブリの発表に伴い、このニューモデルの特徴を解説したマセラティ ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーり社長は、「日本国内の輸入車市場は、回復傾向にあり全メーカーのトータルで10%の伸びを示しているなか、マセラティは30%の成長を見せました。ディーラー網などの強化や新型クワトロポルテが、この伸び率を支えているものですが、ギブリを発売することにより、さらなる向上を狙います」と語った。

また、ギブリの魅力について「マセラティ初のミドルクラスのラグジュアリースポーツセダンになります。ライバルとなるのは、メルセデス・ベンツのCLSやBMWの6シリーズグランクーペ、アウディA7などですが、ギブリはイタリアンデザインで仕立てられ、運転が楽しいハイパフォーマンスなモデルです。他のライバルにはない個性を持っています」オリジナリティをアピールした。

You may also like...


sponsored link