マツダ「新型CX-8」発表:3列シートSUVデザイン公開!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








 

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型3列シートクロスオーバーSUV『マツダ CX-8』の予約受注を全国のマツダ販売店を通じて本日開始し、12月14日に発売することを発表しました。メーカー希望小売価格は消費税込みで3,196,800円~4,190,400円、月間販売台数は1,200台を計画しています。

新型『CX-8』は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人ともドライブを楽しみたい」と考えるお客さまに対し、多人数乗用車の新たな選択肢としてマツダが提案する、3列シートクロスオーバーSUVです。「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、「上質かつ洗練されたデザイン」、「街乗りから高速走行まで余裕のある走り」、「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長としています。加えて、「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」*1の安全思想にもとづき開発したマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*1により、「走る歓び」の土台となる安心・安全なドライブ体験をサポートしています。

デザインは、「魂動」をより高い次元へと深化させました。「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指し、国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねています。

新型『CX-8』では、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用しています。2012年の導入以降で最も大きな改良を加えることにより、3列シート車の想像を超える、力強いパフォーマンスと優れた環境性能を実現しました。また、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載。ドライバーとともに乗員全員が街乗りから長距離ドライブまで楽しめるクルマです。

3列シートSUVとしての使いやすさを追求したパッケージングは、「人間中心」の設計思想のもとに開発しています。よりスペースを必要とされる方や多人数乗車をされる方など、お客さまの多様なカーライフスタイルをサポートするため、3種類の2列目シートを設定、最大で6人または7人が乗車可能です。さまざまな積載物に対応可能なシートアレンジ機能も備えています。また、1列目から3列目まで、乗員全員が会話を楽しみながら移動時間を過ごすことができる静粛性も実現しています。

そして、ドライバーの認知・判断・操作をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備*2。経済産業省、国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」*3に全機種が該当します。さらに、新開発の「360°ビュー・モニター」を設定*2し、駐車時や狭い路地でのすれ違いなど、さまざまな状況において運転するお客さまの安心と安全をサポートします。

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。
「マツダは、技術開発の長期ビジョン『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』*4にもとづき、クルマ本来の魅力である走る歓びによって、美しい地球と心豊かな人・社会を実現し、人の心を元気にすることを目指しています。新型『CX-8』は、この長期ビジョンの観点をふまえて走る歓びを追求した、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルであり、新しいライフスタイルをお求めになるお客さまとともに、新しい市場をつくっていきたいという意気込みで開発したクルマです。異なるライフステージ、ライフスタイルにおいて生涯を通じてマツダ車を選んでいただける、お客さまと強い絆で結ばれたブランドとなることを今後も目指します。」

この新型『CX-8』をいち早くご体感いただけるよう、一般のお客さまを対象にしたプロトタイプ先行展示イベントを9月15日(金)より順次下記の全国10会場で実施します。詳細は専用サイトをご確認ください。

sponsored link



sponsored link