マツダ「ロードスター2018」改良モデルが北米で発表!


マツダ ロードスター RF に2018年型、コネクト充実…シカゴモーターショー2018

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

マツダの米国法人、北米マツダは2月8日、米国で開幕したシカゴモーターショー2018において、『MX-5ミアータRF』(日本名:『ロードスターRF』)の2018年モデルを初公開した。
MX-5ミアータRF の2018年モデルでは、小規模な改良を実施。車載コネクティビティの充実が、主な内容となる。

2018年モデルでは、「クラブ」と「グランドツーリング」グレードに、「マツダコネクト」を標準装備。7インチのフルカラータッチスクリーンディスプレイをはじめ、USBソケット2個、衛星ラジオの「SiriusXM」コネクティビティを採用した。
先進運転支援システム(ADAS)も導入。ブラインドスポットモニタリングとリアクロストラフィックアラートが標準装備された。
なお、米国向けのロードスターRFには、2.0リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G」エンジンを搭載。最大出力は155hpを発生する。

sponsored link



sponsored link