マツダ「新型 ロードスター RED TOP」発表;実車デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」、「マツダ ロードスター RF」の商品改良車及び特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」を全国のマツダ販売店を通じて本日から予約を開始し、12月14日に発売することを発表しました。

ロードスターは1989年の初代発売以来累計生産台数100万台を突破したマツダのブランドアイコンモデルです。2015年に発売した4代目ロードスター*1は、こだわりぬいたデザイン、徹底した軽量化、そしてロードスターならではの「人馬一体」の走りによって、2016年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー及びワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを世界で初めてダブル受賞*2するなど、高い評価をいただきました。

4代目ロードスター発売後初となる商品改良及び今回の特別仕様車では、機能と質感を進化させ、ドライバーが感じるクルマを楽しむ感覚をさらに高めました。

今回の商品改良では新色のボディカラーを3色採用し、カラーを選ぶ楽しさを広げています。またロードスターが持つ普遍の価値である「人馬一体」の走りをさらに磨き上げることに注力、リアサスペンションと電動パワーステアリングの制御に綿密なチューニングを施し、よりしなやかで上質な走りへと進化させました。さらに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」のアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)も導入しています。

特別仕様車「RED TOP」では、ダークチェリー色のソフトトップやオーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートのインテリアを採用し、これまでのロードスターとは一味違う個性的なカラーコーディネーションが可能となっています。

ロードスター開発主査兼チーフデザイナーの中山雅は次のように述べています。「ロードスターは初代モデルから一貫して、『だれもがしあわせになる』ために造り続けてきたクルマです。その思いのもと4代目として初めての商品改良を行いました。これからも、お客さまに『感動』を提供し続け、このクルマを通して豊かな生活を楽しむ『文化』を創造できるよう、進化に挑戦し続けます。」

sponsored link



sponsored link