マクラーレン「新型675LT Spider 2017」デザイン画像集

McLaren 675LT Spider (2017)1

sponsored link


McLaren 675LT Spider (2017)2 McLaren 675LT Spider (2017)3

sponsored link


McLaren 675LT Spider (2017)4 McLaren 675LT Spider (2017)5

sponsored link


McLaren 675LT Spider (2017)6 McLaren 675LT Spider (2017)7

sponsored link


 

英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは12月3日、マクラーレン『675 LTスパイダー』を発表した。
マクラーレンオートモーティブは3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー15において、マクラーレン『675 LT』を初公開。
クーペボディの同車に続いて、今度はオープンボディのスパイダーが登場した。
675 LTスパイダーは、マクラーレン『650 Sスパイダー』をベースに開発された本格サーキット走行にも対応する高性能モデル。
3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、650S用に対して、部品の50%以上を新設計。
最大出力は650 Sの650psから、675LTでは675ps/7100rpmまで引き上げられた。最大トルクは71.4kgm/5500-6500rpm。
また、650 Sに対して、100kgの軽量化も達成。乾燥状態の車両重量は、1270kgに抑えられた。
カーボンファイバー製のリップスポイラー、追加された冷却用のインテーク、ツインチタニウム・エグゾーストなど、多くの専用装備を盛り込む。
エアロダイナミクス性能も追求。車名の「LT」は、1997年に発表された伝説のレーシングカー、マクラーレン『F1 GTR』の特徴だったロングテールに由来。
675LTには、「アクティブ・ロングテール・エアブレーキ」が採用される。
マクラーレンによると、アクティブ・ロングテール・エアブレーキは、650Sに対して、ダウンフォースを40%引き上げる効果があるという。
トランスミッションは7速「SSG」。パワフルなエンジンと軽量化されたボディにより、マクラーレン675 LTスパイダーは0‐100km/h加速2.9秒、最高速326km/hと、世界屈指のパフォーマンスを実現。
世界限定500台が生産される。(response)

You may also like...


sponsored link