Mercedes-AMG「Project ONE」は実車が100倍カッコいい!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




メルセデスがフランクフルト国際モーターショーで”MOT承認済みF1マシン”と題した1,000bhpを誇る公道仕様車”プロジェクトONE”をお披露目した。

“プロジェクトONE”に搭載されるのはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが今年のメルセデスF1マシンで使用しているものと同じパワーユニットをベースにしたV6ターボハイブリッドエンジンが搭載されている。加速は時速0kmから時速200kmまでがわずか6秒、最高速度は時速350kmを上回る設計だ。

フランクフルト国際モーターショーにはハミルトンがステアリングを握って登場し、ダイムラー会長のディーター・ツェッチェも登壇した。

ツェッチェ会長は「われわれにとってモータースポーツはそれだけに終わるものではありません。厳しい競争に直面しながら、最終的には製品である車両に利益をもたらすよう技術開発に取り組んでいます。3回のコンストラクターズおよびドライバーズ選手権優勝から得た経験と成功を生かし、F1テクノロジーを初めて公道車に反映したのがメルセデスAMGプロジェクトONEです」とコメントしている。

ダイムラーR&Dの責任者を務めるオラ・ケレニウスは次のように述べた。

「メルセデスAMGプロジェクトONEはMOT承認を得た初のF1マシンです。高性能ハイブリッドアセンブリはモーターレースからもたらされたものであり、電気駆動前車軸(電動フロントアクスル)はパフォーマンスと性能を魅力的に組み合わせてくれています。1,000bhpを超えるシステム出力を有し、時速350km以上の最高速を誇るこのハイパーカーはまさに、思わず息を呑んでしまうほどです」

公道仕様のF1エンジンは回転こそ1万1,000rpmに制限されるものの、W08と同じシングルターボの90度V6エンジンとなっている。F1式のMGU-Kによって加速時にはリアアクスルに120kWのパワーが加算され、80kWのMGU-Hがターボラグを軽減。同時にパワーユニットのエネルギーストアをチャージする(容量はF1マシンの4倍)。それだけではない。プロジェクトONEはフロントアクスルにも120KWの電気モーターを搭載しているため、F1ではできない全輪駆動が可能となっている。

AMGの熱効率が40%以上――ロードカーの内燃機関としては前例のない数字――であることを考えると、とてつもなく効率に優れたハイパーカーということになる。これだけのF1テクノロジーを備え、トップスピードは時速350kmを超えるとされながらも合法的に公道を走れるマシンは今後、製造に2年を要し、推定価格は240万ポンド(約3億4,000万円)だ。

車内の特徴はさまざまなエンジンモードに切り替え可能なF1スタイルのステアリングホイール。エアバッグについては言及されていない。10インチの高解像度モニターが2台装備されるほか、リアビューミラーとして3つ目のスクリーン機能があるという。

http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/239246.html

sponsored link



sponsored link