ベンツ「G 350 d Heritage Edition」は現行Gクラス最後の限定モデル!しかも日本だけ!


最後の現行Gクラス特別限定モデルは、日本だけのヘリテージモデル!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link



 

「G 350 d Heritage Edition」、「G 550 designo Magno Edition」を発表

・現行型Gクラスをベースとした最後の特別仕様車

・1979年の誕生から継承された「Heritage(ヘリテージ)」をモチーフとした日本限定の特別仕様車「G 350 d Heritage Edition」

・世界台数限定の特別仕様車「G 550 designo Magno Edition」

・G 350 dに特別外装色を追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、メルセデス・ベンツ「Gクラス」の特別仕様車「G 350 d Heritage Edition」、「G 550 designo Magno Edition」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より台数限定で発売します。

Gクラスは1979年の発売以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきました。一時的な流行とは無縁の強烈な個性と圧倒的なオフロード性能により、登場から39年を経た現在もライフスタイルにこだわりを持つお客様に強く支持され続ける最高級クロスカントリービークルです。今回、現行型Gクラスとしては最後の特別仕様車になります。

なお、メルセデス・ベンツ日本は、現在のダイムラー社が1907年に世界初となる四輪駆動システムを備えた乗用車を開発したことを受け、2016年、4月4日を「四輪駆動の日」として日本記念日協会に申請し、正式に登録されました。今回、四輪駆動の日を記念し、メルセデスのSUVラインアップを代表するGクラスの特別仕様車を発売しました。

G 350 d Heritage Editionの特長

「G 350 d Heritage Edition」は、G 350 dをベースに、Gクラス39年のヘリテージをモチーフとした日本限定の特別仕様車です。長い歴史の中で特に人気が高かったボディカラーを特別に採用しており、プロフェッショナルブルー(原名:チャイナブルー)やライトアイボリーなどの5色を設定しています。さらに、ブラックペイント18インチ5ツインスポークアルミホイールと随所にオブシディアンブラックのアクセントを加える「ナイトパッケージ」も特別装備しています。Gクラスの特徴的なスクエアなフォルムにマッチした、クラシカルで最高級クロスカントリービークルに相応しいエクスクルーシブなエクステリアに仕上げています。


sponsored link