Mercedes-Benz Cクラスに「ローレウス エディション」を新設定

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








 

Cクラスに特別仕様車「ローレウス エディション」を新設定|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz C Class|メルセデス・ベンツ Cクラス
Mercedes-Benz C 180 Laureus Edition|メルセデス・ベンツ C 180 ローレウス エディション
Mercedes-Benz C 220d Laureus Edition|メルセデス・ベンツ C 220 d ローレウス エディション
Cクラスに特別仕様車「ローレウス エディション」を新設定

メルセデス・ベンツは7月25日(火)、セダンとステーションワゴンの「Cクラス」に特別仕様車「ローレウス エディション」を追加するとともに、Cクラス全体で装備の一部変更と価格の改定を実施し、販売を開始した。

内外装にAMGラインを装着し、スポーティに演出

「ローレウス」とは、2000年にラグジュアリーブランドを多数かかえるリシュモングループとダイムラー社が、スポーツの力を通じて世界中の子どもたちに希望と前向きな姿勢を与えようと共同で設立した財団の名称。この財団が創設した「ローレウス ワールド スポーツ アワード」は年間を通じて最もスポーツに貢献した選手や個人、団体を表彰する賞で、これまでにテニスのセリーナ・ウィリアムズや、F1のミハエル・シューマッハー、陸上のウサイン・ボルトらが受賞してきた。

そんなスポーツにゆかりのある「ローレウス」の名が冠せられ、新たに設けられた特別仕様車「ローレウス エディション」。「C 180」と「C 220 d」のセダンとステーションワゴンに設定されたもので、エクステリアとインテリアにはAMGラインを装備し、スポーティに演出。さらに、本来はオプション設定の前席シートヒーターや、縦列や並列駐車をサポートする「パーキング パイロット」なども与えられた。

また「C 180 ローレウス エディション」では、スポーティな走りに貢献するスポーツサスペンション、「C 220 d ローレウスエディション」ではエアスプリングと連続可変ダンパーを電子制御し、快適な乗り心地に貢献するというエアーマティック アジリティ パッケージも装着。ステーションワゴンでは開放的なパノラミックスライディングルーフも標準装備されている。

この新たな特別仕様車の誕生を記念し、10月31日までキャンペーンを開催。ローレウス エディションの購入者のなかから抽選で40名に、日本人初のローレウス・アンバサダーを務める香川真司選手が開催する「SHINJI HOUSE」とのコラボレーション商品や、小学生を対象にした香川真司選手とのサッカー体験などがプレゼントされる。

価格は、C 180 ローレウス エディションのセダンはベースより57万円高い498万円、ステーションワゴンは75万円高い540万円。ディーゼルモデルのC 220 d ローレウスエディション セダンは575万円、ステーションワゴン619万円となる。

sponsored link



sponsored link