MINI「新型ミニ・コンバーチブル」デザイン画像集;国内発売は2016年春までに!

Mini Convertible 2016 13

sponsored link


Mini Convertible 2016 01 Mini Convertible 2016 02 Mini Convertible 2016 03 Mini Convertible 2016 04 Mini Convertible 2016 05

sponsored link


Mini Convertible 2016 06 Mini Convertible 2016 07 Mini Convertible 2016 08 Mini Convertible 2016 09 Mini Convertible 2016 10

sponsored link


Mini Convertible 2016 11 Mini Convertible 2016 12 Mini Convertible 2016 14

sponsored link


Mini Convertible 2016 15 Mini Convertible 2016 16 Mini Convertible 2016 17 Mini Convertible 2016 18

Mini Convertible 2016 19 Mini Convertible 2016 20 Mini Convertible 2016 21 Mini Convertible 2016 22

 

MINIは、東京モーターショーで披露する新型MINIコンバーチブルの概要を明らかにした。4代目となる新型は、4人乗りのオープンカーという基本パッケージは変えず、サイズアップした新たなプラットフォームをベースに、デザインや機能性、安全性、環境性能などを進化させている。

エクステリアは、クラシックMINIから受け継ぐ丸形ヘッドライトやそれを取り囲むクロームメッキ、大径ラジエターグリルなどを継承しながら、上質さとスポーティさのバランスを図っている。なおボディカラーには新たにカリビアンアクアメタリック(写真)という新色が設定される。

ソフトトップは、もちろん電動格納式で開閉に要する時間は18秒。新型では開閉ユニットを一新し、作動時の静粛性を高めたほか、ユニオンジャック柄のソフトトップを新たに設定した。

ボディサイズは全長3832mm×全幅1727mm×全高1415mm。従来モデルに比べて全長が98mm、全幅が44mm、全高は1mm拡大している。これにより4座すべての空間が広くなり、トランクルーム容量もクローズ時で215リッター、オープン時で160リッターと25%ほど拡大しているという。

デビュー時のエンジンラインアップは3タイプ。ガソリンは1.5リッター直3ターボの「クーパーコンバーチブル」(136hp)、2リッター直4ターボの「クーパーSコンバーチブル」(192hp)、ディーゼルは1.5リッター直3ターボの「クーパーDコンバーチブル」(116hp)が設定される。トランスミッションは6MTと6ATが設定される。

なお新型MINIコンバーチブルは日本では2016年第1四半期に発売予定となっている。(carview)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です