日産「新型フェアレディZ NISMO 2017」発表;公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

日産「新型フェアレディZ 2017」発表;公式デザイン画像集!

sponsored link


 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は6日、「フェアレディZ」を一部改良し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「フェアレディZ」は、世界トップレベルの走行性能や、走りのために鍛え上げられたしなやかでダイナミックなデザインなど、あらゆるシーンで走る愉しさを満喫できる真のスポーツカーとして、お客さまから高い評価を得ています。

今回の一部改良では、新色のボディカラー「カーマインレッド(CM)*」を採用した他、エクステリアデザインを一部変更しました。また、車内からバックドアを開けることが可能な「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備し、利便性を向上しました。さらに、エンジン特性を変更、新型クラッチの採用により、更なるドライビングプレジャーの向上を図りました。

エクステリアデザインは、ヘッドランプやリヤコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリヤバンパー下部をブラックにすることで、より精悍な印象としました。
新色の「カーマインレッド(CM)」は、宝石のような鮮やかさと華やかさを併せ持ち、見る角度によってダイナミックに色彩が変化します。Version STとSグレードには、鍛造製法、ブラック塗装、切削光輝加工を施した、スタイリッシュで回転バランス性能にも優れた新デザインの「19インチアルミ鍛造ホイール」を採用しました。

走行性能では、アクセルペダルとスロットルバルブ開度の特性を見直し、アクセルペダル中間開度でのトルクアップと高回転時のトルク低下量を削減しました。これにより、高速道路での合流加速やワインディングロードにおいて、スムースで伸びのある加速感を生み出します。また、新型の高効率クラッチの採用により、クラッチペダル踏力が軽くなるとともに半クラッチコントロールの操作性を向上しました。

さらに、合わせガラスの中間膜に遮音層を挟み、遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで静粛性を向上させました。また、NISMOグレードでは、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを採用することで、フェアレディZを操る喜びを損なわず、低燃費とロードノイズの1db低減(50km/h時)を実現しました。

*(CM)はカラークリアーメタリックの略。

<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)
駆動 エンジン グレード ミッション 価格
2WD VQ37VHR フェアレディZ Version ST 6MT 5,104,080 ☆掲載写真車種
フェアレディZ Version S 4,760,640
フェアレディZ 3,907,440
フェアレディZ NISMO 6,293,160
フェアレディZ Version ST 7M-ATx 5,212,080
フェアレディZ Version T 4,715,280
フェアレディZ 3,985,200
フェアレディZ NISMO 6,401,160
sponsored link



sponsored link