日産「GT-R Nismo 2017」公式デザイン画像集

Nissan GT-R Nismo (2017)1

sponsored link


Nissan GT-R Nismo (2017)2 Nissan GT-R Nismo (2017)3

sponsored link


Nissan GT-R Nismo (2017)4 Nissan GT-R Nismo (2017)5

sponsored link


Nissan GT-R Nismo (2017)6 Nissan GT-R Nismo (2017)7

sponsored link


Nissan GT-R Nismo (2017)8

 

日産自動車は5月27日、ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、『GT-R NISMO』の2017年モデルを初公開した。
外観は標準モデルと同様、フロントに新しいバンパーを採用。高出力エンジンの冷却性能を向上させるために、開口部は空力性能を悪化させることなく拡大し、ダーククローム仕上げのVモーショングリルを配した。
また、フード剛性は大幅に強化するとともに、超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を追求する。
NISMOモデル専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げることで、理想的な強度を実現。カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより、大きなダウンフォースを発生させると同時に、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで、空力性能をさらに向上させた。
これらの改良により2017年モデルのボディ形状は、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、
超高速域での優れた安定性を両立している。
室内は、新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリングホイール、センターアームレストには、高品質のアルカンターラレザーを使用。また、センターダッシュボードのレイアウトも刷新し、従来27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減し、簡素化。
また、8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用する。
カーボンファイバー製のセンターコンソールに搭載された新しいディスプレーコマンドコントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能。
シートは、赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットとした。
走行性能に関しては、より高いボディ剛性とダウンフォースが、超高速域まで含めたコーナーリング時の安定性の向上をもたらす。また、ボディ剛性の引き上げにより、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップを行うことで、接地性と走行性能を高めている。
3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは継続搭載。
GT3選手権レーシングカー用の高流量、大口径のツインターボチャージャーを導入するエンジンは、最大出力600psを引き出す。
トランスミッションは、6速デュアルクラッチを組み合わせている。(response)

You may also like...


sponsored link