日産「新型TERRA」を初公開!ラダーフレームSUVは今春に中国から発売へ!


日産の小型商用車事業の新型車第一号「テラ」=フレームSUVを初公開!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、新中期計画「Nissan M.O.V.E to 2022」において、LCV事業において新型車第一号となるフレームSUV「テラ」を、この春中国で初公開します。

sponsored link

日産の小型商用車(LCV)には、ピックアップトラック、バン、小型トラックがあり、フレームSUVと合わせると、世界で販売する日産車の6台の内1台を占めています。LCV事業の成長は中期計画の目標達成には必要不可欠であり、そのポテンシャルを最大限に引き出すべく、2022年までにLCVとフレームSUVの販売台数を40%増やすと同時に、ピックアップトラックおよびフレームSUVでグローバルリーダーとなることを目指します。

LCV事業担当のアライアンスSVPであるアシュワニ グプタは、「新型『テラ』のお披露目が、間もなく中国で行われます。この実用的かつ頑丈な本格的フレームSUVは、日産のLCVの『どこにでも行ける(Go Anywhere)』を体現しています。『テラ』は、今春より中国を皮切りに、アジア各国で発売する予定です」と述べました。

また、グプタは、「日産のLCV事業は着実に成長しています。日産の意欲的な中期計画と、ますます拡大する商品ラインアップにより、私達はこの成長の継続を確信しており、同時にとてもわくわくしています。『テラ』が間もなく発売され、数々の賞を受賞した『ナバラ』は、現在、世界133の市場で販売されており、世界中でますます多くのお客様が日産のLCVを購入されています」と語りました。

2017年、日産のLCVとフレームSUVのグローバル販売台数は、前年比7%増の907,929台でした。

新型「テラ」に関する詳細は4月に発表予定です。


sponsored link