オペル「新型Mokka X 2017」デザイン画像集

Opel Mokka X2017 01

sponsored link


Opel Mokka X2017 02 Opel Mokka X2017 03

sponsored link


Opel Mokka X2017 04 Opel Mokka X2017 05

sponsored link


Opel Mokka X2017 06

sponsored link


 

GMの欧州部門のオペルは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、『モッカ』(MOKKA)を初公開した。
最近のオペルは、GMの高級車ブランド、ビュイックにベース車両を提供する機会が多かった。
例えば、オペル『インシグニア』はビュイック『リーガル』に、オペル『アストラ』はビュイック『エクセルXT』に、という具合である。
今回、初公開されたモッカは、今までの流れとは逆に、ビュイックがオペルに車両を供給する、いわば「相互乗り入れ」が実現した形。
GMが2012年1月のデトロイトモーターショーで発表した小型クロスオーバー、ビュイック『アンコール』がモッカのベースだ。
モッカには、アンコールとは異なる専用フロントマスクを採用。さらに欧州向けらしく、エンジンには1.7リットル直列4気筒ターボディーゼル「CDTI」が設定される。
このCDTIユニットは、最大出力130ps、最大トルク30.6kgmを引き出す。
欧州Bセグメントに属する小型クロスオーバーやMPVは、今後の成長が期待できることから、各自動車メーカーが力を入れている分野。
オペルはこのモッカで、攻勢に出る構えだ。(response)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です