プジョー「3008DKR」がダカールラリー1-3位を独占の圧勝;現場レポート画像

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








【ダカール2017】プジョーが連覇、1-2-3独占…ペテランセルはローブとの同門対決制し最多勝記録更新

現地2日から競技が始まった「ダカールラリー2017」。南米のパラグアイ、ボリビア、アルゼンチンでの過酷な戦いは現地14日、ブエノスアイレスでゴールを迎え、4輪ではプジョーが1-2-3で連覇を飾った。優勝はステファン・ぺテランセルで2年連続7回目(2輪を含めて13回目)。

天候不順により、ルート上の地域で大きな災害が発生するなどの悲しい状況もあった後半戦。ステージ(競技区間)キャンセル等も続き、ナビゲーション難度の高さも相まって波乱の余地もなくはないところだったが、終盤、4輪は最速ニューマシン、プジョー「3008DKR」勢の1-2-3がほぼ揺るぎない戦況となっていた。

そのなかで最後まで激しく優勝を争い続けたのが、ステファン・ペテランセルとセバスチャン・ローブである。

現地12日のステージ10、2輪の選手との接触事故というアクシデントに遭遇しながらも、ここでペテランセルがローブからラリーリーダーの座を奪還。そのまま逃げ切って、ペテランセルはプジョーとともに連覇を達成、ダカールの4輪で自身7回目となる総合優勝を決めた。

response

sponsored link



sponsored link