ルノー「新型アラスカン」発表;公式デザイン画像集

ルノー「アラスカン」市販モデルを発表;日産「NAVARA NP300」がベースのピックアップ。

Renault_Alaskan_10 1600×1066

sponsored link


E2 VERSION
E2 VERSION

sponsored link


E2 VERSION
E2 VERSION

sponsored link


E2 VERSION
E2 VERSION

sponsored link


E2 VERSION
E2 VERSION

sponsored link


E2 VERSION
E2 VERSION

sponsored link


DASHBOARD
Renault_Alaskan_01

sponsored link


Renault_Alaskan_02 Renault_Alaskan_03

Renault_Alaskan_04

ルノーは新型ピックアップトラックの『アラスカン』を6月30日、コロンビアで初公開。

アラスカンは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15に、コンセプトカーとして出品。ルノーはLCV(軽商用車)市場の強化を目指しており、最大積載量1トンクラスのピックアップトラック分野に、アラスカンを投入する。

ルノーは2015年6月、アルゼンチンで『ダスター・オロチ』を発表。同車は、南米向けの小型ピックアップトラックだった。これに対して、アラスカンは、グローバルモデルに位置付け。

アラスカンは、ビジネスにレジャー及び毎日使えるピックアップトラックを目標に開発。堅牢でがっしりとして、かつ最先端のデザインが表現される予定。

パワートレインは、ルノーの商用車、『マスター』用の直列4気筒ツインターボディーゼル。優れたパフォーマンスとクラス最高の燃費、CO2性能が追求されている。

You may also like...


sponsored link