ルノー「新型KWID 2016」デザイン画像集

Renault Kwid 2016 01

sponsored link


Renault Kwid 2016 02 Renault Kwid 2016 03

sponsored link


Renault Kwid 2016 04

sponsored link


Renault Kwid 2016 05 Renault Kwid 2016 06

sponsored link


Renault Kwid 2016 07 Renault Kwid 2016 08

 

フランスの自動車大手、ルノーは5月20日、新型車の『KWID』をインドで発表した。
ルノーは2014年2月、インドで開催されたデリーモーターショー14に、『KWIDコンセプト』を出品。今回、発表された新型車に、その名前が受け継がれた。
市販版のKWIDは、小型のクロスオーバー車として登場。インドなどの新興国をはじめ、世界市場に投入を計画。車台には、ルノーと日産が共同開発した「CMF-A」を使う。
ルノー日産アライアンスで、このCMF-Aを使用するのは、KWIDが第一号車となる。
ボディサイズは、全長3680mm、全幅1580mm。欧州Aセグメントに属する小型クロスオーバー車となる。最低地上高は、180mmを確保。前後オーバーハングを切り詰めたデザインを採用する。
室内は、モダンさを強調した仕上げ。センターコンソールは、ピアノブラックトリムで、クロームで縁取る。ナビゲーションシステムのモニターは、7インチ。
小型ボディながら、5名乗車が可能なスペースを備えている。(response)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です