Salaff「C2」は元マツダデザイナーが立ち上げたスーパーカーブランド!

元マツダ「風籟」デザイナーがデザインしたスーパーカーがデビュー!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link





 

米国のサラフ(SALAFF)社は8月24~26日、米国で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」(Pebble Beach Concours d’Elegance)において、新型スーパーカー、『C2』(Salaff C2)を初公開した。

米国カリフォルニア州で毎年開催される「モンテレー・カー・ウィーク」の有名イベントのひとつが、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」。全米から車好きの富裕層が多く集まる一大イベントであり、世界中から集められた数々のクラシックカーが展示される。

サラフ社は、デザイナーのカルロス・サラフ氏が立ち上げた。同氏はかつて、マツダに在籍。マツダ時代には2008年、コンセプトカー、『風籟』(ふうらい)などを手がけている。

今回サラフ社は、ランボルギーニ『ガヤルド』の車台やパワートレーンをベースに、新型スーパーカーのC2を開発。ガヤルドは2003年にデビュー。5.0リットルV型10気筒ガソリンエンジン(最大出力500ps)をミッドシップに搭載し、4輪を駆動するスーパーカーとして誕生した。

C2では、このガヤルドをベースに、独自デザインのボディと内装を設計。カーボンファイバーまたは、ハンドメイドのアルミ製のボディをまとう。カルロス・サラフ氏によると、フェラーリ『330 P4』、ポルシェ『917』、プジョー『905』のような時代を超越した名車が目標。C2は、究極のアナログスーパーカー、としている。

sponsored link

sponsored link