スバル「新型フォレスター」発表;実車デザイン画像集@NY


スバル「新型フォレスター」をNYモーターショーで発表し、実車を世界初公開!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link





 

SUBARU 新型「フォレスター」を世界初公開

~グローバル最量販車種として各国に順次導入~
SUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」*1を採用。ドライバーの運転を見守り、快適なおもてなしを提供。
SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用。クラストップレベル*2の快適性と安全性能を実現。
2.5L 水平対向4気筒エンジンを直噴化。動力性能と環境性能を高い次元で両立。
シンメトリカルAWDと進化したX-MODEにより、優れた走行性能とSUVらしい走破性を提供。
米国仕様は、2018年秋販売開始予定。

SUBARUは現地時間2018年3月28日、米国ニューヨークにおいて、新型「フォレスター」を世界初公開しました。

第5世代となる新型「フォレスター」は、SUBARUが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車です。
乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、SUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」など使い勝手の良い装備を採用。SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUV らしい逞しさや機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現しました。
また、SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することでクラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。
更に運転支援システム「アイサイト」、新開発2.5L 水平対向4気筒直噴エンジンを核とするシンメトリカルAWDや、SUVらしい走破性を高めるX-MODEといったSUBARUコアテクノロジーを搭載することで、お客様が豊かさ、快適さ、愉しさ、冒険心といった気持ちを感じられるエモーショナルで身近な存在として、機能・性能を磨き上げました。
米国向け新型「フォレスター」は、2018年秋に販売を開始する予定です。

*1: 米国仕様システム名称「DriverFocus」
*2: 全長4500~4700mmのコンパクトSUV

 

【新型「フォレスター」(米国仕様)の主な仕様】

ボディサイズ
<全長×全幅×全高>
4625 × 1815 × 1730*6 mm
(182.1 × 71.5 × 68.1*6 in.)
ホイールベース 2670 mm
(105.1 in.)
最低地上高 220 mm
(8.7 in.)
エンジン FA25型 2.5L水平対向4気筒DOHC 16バルブAVCS直噴
 排気量 2498cc
 ボア・ストローク 94 × 90mm
 出力 182hp / 5800rpm
 トルク 176lb-ft / 4400rpm
 燃料タンク容量 63L(16.6gal)
 燃料種類 87AKI
トランスミッション リニアトロニック*7
駆動方式 シンメトリカルAWD
タイヤサイズ 225/60 R17、225/55 R18
乗車定員 5名

*6: ルーフレールを除いた全高: 1,715mm (67.5in.)
*7: リニアトロニック: フル電子制御自動無段変速(CVT)


sponsored link