スバル「新型アウトバック2018」実車デザイン画像集@NY

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




 

SUBARU 2018年型「アウトバック」をニューヨーク国際自動車ショーに出展

● ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上
● サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現
● エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現
● ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上
SUBARUは、米国ニューヨークにて開催予定の2017年ニューヨーク国際自動車ショー(プレスデー:4月12日~13日/一般公開:4月14日~23日)において、2018年型「アウトバック*1」(米国仕様車)を出展します。

アウトバックは、乗用車、SUV、ステーションワゴンといった異なるカテゴリーの車両の長所を融合した、SUBARUのフラッグシップクロスオーバーモデルです。2018年型モデルの開発では、従来型モデルのラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一層強調しつつ、内装の質感を向上。また、フラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を実現すべく、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を更に向上するとともに、エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感をも実現しました。安全性能についてもステアリング連動ヘッドランプ*2の採用により走行性能と共に更に進化させ、お客様に「安心と愉しさ」を提供します。

2018年型アウトバックの米国販売は今夏開始予定です。

sponsored link



sponsored link