スバル「新型WRX 2018」発表;公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




 

スバル 2018年型「WRX / WRX STI」を北米国際自動車ショーに出展

● 外装デザインを刷新するとともに内装質感を向上
● サスペンション設定の最適化等により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上
● ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上
● WRXに運転負荷を軽減するオートビークルホールドをスバルとして初採用
● WRXにユーリッド製パッドを採用しブレーキ性能を強化、新18インチアルミホイールを採用
● WRX STIに新電子制御マルチモードDCCDや新型ブレンボ製ブレーキ、新19インチタイヤ・アルミホイールを採用し、AWDスポーツパフォーマンスを一層向上
富士重工業は、米国デトロイトにて開催予定の2017年北米国際自動車ショーにおいて、2018年型「WRX/WRX STI」(米国仕様車)を出展します。

WRXシリーズは、4ドアセダンの実用性と圧倒的なスポーツ性能を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデルです。今回の改良では、走行性能・安全性能・実用性といった、WRXシリーズやスバル車ならではの価値の更なる進化を追求しました。
WRXシリーズに求められる高い走行性能については、サスペンション設定の最適化等により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上。WRX STIには新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)等を採用し、WRXシリーズのトップグレードに相応しい走行性能を実現しました。一方で、ステアリング連動ヘッドランプ*1やオートビークルホールド*2の採用により、安全性能や実用性も進化。走行性能・安全性能・実用性を高次元で融合させることで生まれるWRXシリーズ独自の価値を追求しました。



 

【2018年型WRX / WRX STIの主な仕様】(米国仕様)

WRX WRX STI
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,595 x 1,795 x 1,475*7 mm
ホイールベース 2,650 mm
エンジン 2.0ℓ水平対向直噴ターボ
FA20エンジン
2.5ℓ水平対向ターボ
EJ25エンジン
排気量 1,998cc 2,457cc
トランスミッション 6MT、リニアトロニック*8 6MT
最高出力 268hp/5,600rpm 305hp/6,000rpm
最大トルク 258lb.-ft./2,000-5,200rpm 290lb.-ft./4,000rpm
タイヤサイズ 235/45 R17、245/40 R18 245/35 R19
乗車定員 5名

*7: ルーフ面までの全高は1,465mm
*8: リニアトロニック:フル電子制御自動無段変速(CVT)

You may also like...


sponsored link